次女寝取り

僕・加瀬亮悟には三国一望ましい次女がおる。僕とさして年齢も離れておらず、学徒の葵。
けど、そういう葵が最近僕に対して非常に白々しい。
「すでに午前だよ、すぐさま起きてよね」
おや、朝からそんな起され方を講じる年中。昔はお兄ちゃんお兄ちゃんと僕に甘え、慕ってくれたのに。なぜです……。
そう、僕が社会人になり、職務が忙しくて随分かまってやれなかったことが関係です。その上、葵には年上の彼氏まで出来たと言う。糞!!次女が、葵が知らない父親に犯されるとか最悪だ!なんとかして防がねば……。
そんな時だった。
「え、視察?」
ルールが両人揃って視察に赴き、僕は葵と水入らずに陥る機会を手に入れた。如何にもこれは神が僕にくれた瞬間だろう。
だから僕は両親のいなくなったお天道様の夕刻、葵の客間に忍び込んです。ディナーに有する薬のお蔭でスヤスヤと眠り込む葵。ピンク色のパジャマ見てくれが甘い。
「寝てるし……しちゃおうかなぁ。なんちゃって」
流石に躊躇する僕。だが、葵が寝言でマスターの名称を呼んで意思が変わった。
「葵、アッという間にお前をお兄ちゃんのものにしてやるからな」
葵のパジャマのリンクをぷちぷち脱がせて出向く。露わになるピンク色のインナー。やべぇ、興奮する……!
ゴクリ。ようやく、次女を犯す!徹底的に。
文献作品は男仕様作で、溺愛やる次女を兄が監禁し、調教エッチしまくって仕舞うというお伝え。
これはヌける!!葵氏が心底愛くるしいだ。端末で発売された文献作品。画図が非常に素晴らしく、最初枚最初枚がCGなので非常に見ごたえがあり鵜ます。
小さめとは言え、形の済むおっ○いを感受性を兼ね備えた葵氏。つるつるのアソコと済む、性英知・想い出が未熟なのに加え、処女なのもいいですね。やむなく言いつつも兄に犯されてしまい、段々と兄に傾倒して出向く……近親相姦カタチの馴染とは言え、葵氏の寝ている見てくれを見てるだけでもヌけちゃうんですよ。
おまけに文献作品はマガジンにもよりますが、遊びブックなので選択付きだ。取り敢えず最初の選択ですが、寝ている葵氏にキスをするか、乳首を舐めるか選ぶ事が出来ます。
バッドエンドなどありませんので、完全に好きな方を選んでいいですね。おっ○いかキスか、どっちも良い!
ちなみにキスすると葵氏は寝ていながらもちゃんと応えてくれ、舌をちゅうちゅう吸って絡めてもらえる。寝てても性能が良い事が分りますね。
文献作品は言葉人数も比較的に少なく、さくさく読めるのが魅力的ですよね。視点も安いですし。画図も凄く念入り。
文献作品はハンディ漫画他で褒賞配布まん中。善悪一度!
炭酸クレンジング